不倫にストップをかけるまで

興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜかもう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。帰宅時間がルーズになったり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。もともと最初の浮気への対応が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が必要でしょう。人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、相手を訴えてやると言っているのです。でもそうなったら相応の費用もかかるでしょうし、浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、慰謝料を払わせ、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと助言しておきました。ほんの出来心であろうと、不倫の対価は安くは済まないでしょう。もっとも、パートナーの対応によって違ってくるでしょうが、別居や離婚ということになるばかりか、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。不貞行為が明るみに出れば、金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、償わなければいけないのです。男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。しかし、浮気をするのは男だけではないでしょう。女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、人と会う機会は多く、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。近年、浮気する女性の数も増加傾向にあり、不倫調査で探偵社を訪れる男性は増えているようです。どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。そこで目安になるのは「地域」です。誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域周辺に限って、ネット検索すれば会社の数は限定されます。いくつか選んだところで電話をかけて、依頼したい旨を伝えてみましょう。いくら悩んだところで実際に話してみなければ、安心して任せられる業者かも知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、書式は一定ではないようです。ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使う際は、やはり証拠として認められるよう、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと意味がなくなってしまいます。調査報告書の利用方法を考慮した末、探偵社の中でも相応のところに依頼しておけば安心です。浮気の確固たる証拠を提示できない場合、訴訟では苦戦を強いられるでしょう。不倫行為の存在を法廷が認めてくれないということも、起こりうるからなんですね。また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを回避するには、信頼できる調査結果を入手しておくべきです。探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。調査会社への代金の精算の仕方ですが、規模の大きな会社ならクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割OKという業者もあるようです。一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、一括で払うのは難しいというときは、分割での支払いに対応してくれる探偵社を中心にリストアップしていくのも良いかもしれません。探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、中にはとんでもない金額を請求する例もあり、注意が必要です。高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、確実にそうだとは言えません。けして安くはない代金を支払った挙句、肝心の浮気の証拠が掴めないという結果に終わらないよう、契約を交わす前に平均的な価格について知っておくと良いでしょう。配偶者の浮気がわかったときは、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。徐々に落ち着きを取り戻してきたら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。そもそも不倫は、した人間の方に責任があるのです。メンタル的には埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、請求しましょう。